ワーキングマザーの投資 コロナショックの影響は?

貯金箱の写真 お金
スポンサーリンク

日経平均が大幅下落で2万円を切りました。自社の株価も漏れなく爆下げです。

投資をしている人はヒヤヒヤでしょうか、それとも、タイミングを見計らって買いを入れようと準備をしているでしょうか。

スポンサーリンク

私と投資

はじめての投資

遡ること十数年前。

私のはじめての投資は、当時節約系ブロガーさんの中ではやっていたFXに興味本位で手を出したことでした。そうはいっても慎重派なので、レバレッジは高くせず、また投入資金もさほどなかったので、少額で細々とやっていました。

その少し後にまさかのリーマンショック…。

ただ慎重にやっていたのが幸いし、ロスカットになるようなことはなく。その後塩漬けし、だいぶ時間はかかりましたが、元金程度まで回復したところでFXからは手を引くことにしました。

その後出会ったインデックス投信

ちょうどそのころ結婚を考えていた時期だったので、FXというハイリスクな投資ではなく、将来のために長く続けられる投資はないかといろいろと本を読み漁るうちにインデックス投信に出会いました。

投資アドバイザーのカン・チュンドさんと経済評論家の山崎元さんの本、共通しているのは、インデックス投資信託中心で長期投資をしていくということ。特に山崎さんの本は国内と海外の割合の決め方もとても明快なので非常に説得力があります。なにより、一旦購入したら年に一度のリバランス以外はほったらかしでいい、というところがずぼらな私に向いていました。

あれから9年。

特に画期的な投資法に出会わない限りは、今のやり方でこの後20年以上は続けていくことになりそうです。

今の成績

そんなこんなでインデックス投信をはじめたのが日経平均が1万円を切ったあたり。

少額ですがその頃買ったものがあるので、今こんなに株価が下がっても全体ではまだ少しプラスという状況。カンさん山崎さんありがとうございます。

今後の方針

ということで、もちろんだいぶ下がってはいるものの、基本的にはすぐ使うあてのないお金(独身時代の貯金)で投資をしているのでこのままほったらかしです。コロナショックもいつかは去るでしょう。

むしろ、今、少しだけですが買付余力があるので、買おうかどうか迷っていたのですが。。。カンさんのブログを見てハッとしました。

今やってはいけないこと(それは)安易な買い増しです | 投資信託クリニック

とりあえずもう少し様子見にします。

ちなみにカンさんは積立推奨派ですが、個人的には積立よりはまとめて買いたいタイプ。まぁ好みの問題ですね。

いずれにしても、底を見極めて買うなんてことは素人には無理。長期的に見たら、このあたりのどこで買っても「買い」であることには変わらないと思うので、カンさんのブログに書いてある暴落(日経平均17,000円ぐらい)のタイミングで買おうかな~ぐらいの感じでゆるく考えています。

スポット買いのデメリットは買うタイミングを逃すということだと思いますが、タイミングを逃すぐらいコロナショックが早く落ち着いてくれるならそれはそれで良し、ですね。

(おわり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました